Gcolleはアダルトコンテンツ専門のマーケットプレイス。売りたい方も買いたい方も、お気軽にどうぞ!
 HOME » メンズ » 動画 » ぐり☆ぐら4
ダウンロード会員メニュー
新規登録/ログイン
購入方法
よくある質問
カテゴリー
Languages
日本語 / English
お気に入り商品
お気に入りの商品は登録されていません。
お気に入りアップロード会員
登録されていません...
運営会社
特定商取法に基づく表記
利用規約
個人情報について
運営会社
規約違反報告
お問い合わせ

GcolleはSSLを導入しております。お買い物情報は暗号化されて安全に送信されます。
ぐり☆ぐら4 3,990円 (税込)
ぐり☆ぐら4
【イメージを拡大】

萌え系リアルメイド女子大生 美耶
人気ランキングNo.01 沙紀18歳
二人が綴る旬のアニメを題材にした6つのノンストップ妄想ストーリー

本製品はストーリー部分に全チャプターポージングをBGMで綴ったモーションムービー付きです 2人の生パンチラが見たい方にもお勧めです☆

チャプター紹介

1:けい〇ん!! 秘密の特訓
「もうこれ以上早く弾けません…」

ギター初心者ながら独学である程度は弾きこなせるようになった少女
ライヴが決まり他のメンバーが順調な仕上がりを見せる中
今回の一番の見せ場であるギターソロが弾けずに苦しんでいた
そこでこの音楽教室にやって来たのだった

「そこはオルタネイト・ピッキングでないとスピード出せないから」


「でも なんだかピッキングと左手のポジションが…」

最初はあわてずゆっくりしたテンポから始めて
指先が覚えるくらい弾きこんでだんだんスピードアップだ

「時間がないんです…なにかいい方法ありませんか?」

こればっかりは地道に練習するしか…
でもひとつだけ近道があるとしたら

でもきっと我慢できないことだから
「なんでもやります ほら どんなことも我慢できます」   

少女はゆっくりとスカートをたくし上げた
これはもはや正常な判断を失うほど追い詰められている
今ならなんでも言いなりになるに違いない
俺はかねてから思い描いていた妄想を実行することにした

「じゃあ体にリズムを刻む特別な訓練をしよう」

少女をローテーブルに縛り付ける
両手を後ろ手に手錠で繋ぎ
両足をテーブルに縛り付ける

そして身動きのとれなくなった少女の脇腹に手を這わす

「ぎゃっ!! あっ こちょばいです!!!」
人一倍敏感な少女は足をバタつかせて逃れようと必死だ
俺は容赦なく
脇の下や太腿をまさぐる
「むりムリムリ!!」
暴れる少女に今度は電気マッサージ器を押し当てる
観念したように急におとなしくなる少女
ぎゃっ!!!!」
震動が体を這い出すとその我慢も一気に崩壊する
耐え難いくすぐったさと
甘い感覚が交互に少女を襲う

のた打ち回り叫ぶ少女の柔らかな臀部から太腿の付け根に押し当てると

「あっ そこ やだ…」

少女の秘密の特訓は容赦なく震動を刻み続けた

2:STEP×STE○DY 天使のご褒美
テストも終わり
夏休みを待つばかりの学園に季節はずれの転校生がやってきた

そして自己紹介の瞬間

「ずっとあなたのことが…キモ… いぇ 好きでした」

心当たりのない唐突な告白

「私のこと思い出しませんか?」
少女は下校時間を過ぎても人懐っこくついて来た

「じゃあ わたしの事 思い出させてあげます」
少女はひざまずきいきなり俺のズボンのファスナーを下ろした
ひんやりした手の平が一物を包み込む

「ごしごしごし」

乾いた皮膚が擦れる音
少女の指先がカリを通過するたびたまらず腰が引ける

「ちゅ〜♪」

少女の唇が一物に吸い付く
ちろちろ動く舌先

「もぐもぐもぐ」
生暖かな口内
まるでぎゅっと口内で握られているような感覚
めっとりと少女の舌が絡みつく
右手で竿を小刻みにしごきながら先端を吸引しながら口内に飲み込む
すぼめた唇が何度もカリを通過する
やがて熱い感覚が一気にこみ上げてくる



3:俺達に○はない 天使のご褒美
憧れの学園のプリンセス
僕の目の前に二人きりの教室

「たかし君♪ 実はお願いがあるのぉ」

僕は胸が張り裂けそうなドキドキを抑えるのが精一杯だった

「昨日友達と話してたんだけど 男の人って その…どうなってるのかしりたいのぉ」

「ど どうなってるって なにが?」

「えっ 解るよね ほら あれよ あれ」

彼女が何を言っているのか理解できた瞬間
僕のドキドキは一気に加速した

「ちょっと調べてみるだけ ほら 私のも調べていいから…」

学園一番の誰もが憧れる可憐な少女
僕はもうこれが現実かどうかも解らなくなるほど動揺を隠せなかった

「やっぱり たかし君にお願いしてよかった 他の男子ならきっと」
少女僕に近づく
そして天使のように微笑んで僕のズボンのファスナーを開けてひんやりした指先が僕のあそこをつまんできた

「恐くないから 触らせてね♪」

少女の手の平が僕の肉棒を包み込む
そして

「ごしごしごし」

腰が浮き上がるような感覚

「ちゅぱ♪」

少女の唇が僕の肉棒を咥える
とろける様な口内
舌が絡み付いてくる

「ちょっとだけ入れさせてね」

少女は僕の上に跨り
ぷりぷりですべすべの肉まんじゅうを垂直にいきりたった僕の肉棒の先端に押し当てた

「ずぶずぶずぶ」

少女の中に先端が少し呑み込まれるといっきに力が抜けたように腰を落としてきた

「あっ あっ こんなの こんなのぉ…」

少女の秘具の中
ぬるぬるとその肉襞が絡みつき締め付けてくる
僕の上で腰をぐるぐり動かす美少女
夢中で腰を突き上げる

「あっ ダメ そんなにしたら らめぇ」

僕の中で何かが脈打ち吹き上がってくる
少女はそれを察しとろけるような秘具から肉棒を抜き取ると天使のような唇に咥え激しく肉棒をしごきながらストローのように吸引した


4:けい○ん!! くすぐリズム♪
「なんだかリズムがよくつかめないんだな〜」
新曲はこれまでにない独特の世界観で構成されていた
まだまだ初心者の域を出ない少女には
少しハードルが高いのかもしれない

「たぶんこのギターがでかくて重いからだと思われますww」
いやいやいや
あんたが小さすぎるんじゃないのww

「小さくて可愛い 永遠のアイドルだから♪」たしかに
小さくて可愛いマスコット的な

「それよりどうします?レコーディングも迫ってるし」   
そうそう
単なるクラブ活動が異常とも思われる人気で
ついにプロとしての活動を開始したのだ
SCAN○ALに続く高校生バンド!!「てかパンツ見えてるぞ!」

「あっ そろそろ帰らなきゃ あとはよろしく♪」俺はそんなとぼけた態度の少女をローテーブルの上に縛り付けた

「やだやだ こそばいのや〜」
脇腹から脇の下を揉むように這い上がる
第2釦を開け手の平で少女の小さな胸を撫でる
同時に内腿から柔らかな肉まんじゅうを包み込む
ビクッ!!
少女の体が跳ねる

「あっ あっ ダメダメ くすぐったいwwwww」
太腿をくすぐりおもいっきり焦らしたあとに
今度は電マを少女の中心に押し当てる
「はっ ダメなの…」ピクピクと跳ねる少女の体

「ぎゃぁあぁ!!!」
耳元に震動を押し当てる
そのまま体を這わせスカートの中に

内腿を這わせ
焦らしに焦らせた少女の秘具に震動を加える
「あっ そんなの…」少女のスリットに沿い震動をじっくりと這わせる

甘みな感覚が少女を確実に危うい世界へ導いてゆく
「あっ きゃ」
震動を加え続けた少女の肉まんじゅう
電マのヘッドが弓なりになるまで強く押し当て擦る
やがて少女の性感が限界を迎える


5:STEP×STE○DY   天使のご奉仕
「やっと思い出してくれたのねww」

「中学の時いつもチュパチャップス食べてた子やろ!!」
「やっておしまい っていつも俺に命令下してたあの!!」
「キャンプで先に寝てみんなに鼻モゲラでいたずらされてた!!」

「変なことばっか思い出さないのぉ」
ようやく少女のことを思いだした俺に
それはとてもうれしそうな表情だった

「でも思いだしてくれてうれしい♪ だからいいことしてあげるね☆」少女はそう言うとおれの膝の間に割って入り
小さな手の平でイチモツを包み込んだ

右手を回転させながら竿をしごきながら
左手はその下の袋を撫で回す

ちゅぱ♪唐突に少女の唇がイチモツを咥える

ぺろぺろぺろ

とろける様な口内で
先端をじゅりゅじゅりゅと音を立て吸引しながら
竿をごしごしとしごき
時折首をひねりながら奥深くまで呑み込む

「いっぱいだしてください♪」少女の舌全体がイチモツに絡みつき
じゅりゅじゅりゅといやらしい音をたてながら吸引する
俺はたまらず少女の喉の奥深くで…


6:俺達に○はない 天使のご奉仕
「ねぇ♪ この前は良かったでしょ☆」

「あ うん もちろん…」

まさか学園のアイドルがこんな僕にあんなことまで

僕はその日のことを思い出すたび…

「じゃあ今日はもっといいことしよっか♪」


僕にとってあれ以上の出来事がどういうことなのか
考えるだけで胸が痛いほど高鳴った

「今日ゎ 私のここに 顔を埋めながらぁ…」

そんな 学園一の美少女の股間に顔を埋めて…

「それでわたしもたかし君のあれを♪」

顔を埋めながらあの日のように僕の…

「そうよ♪はやくしよぉ」

僕は少女に促され
仰向けに寝転がった

少女はショーツを脱ぎ
ゆっくりと僕の目の前に跨ってきた
つるつるの少女の秘具が開きながら降りてくる

キラキラした甘酸っぱい香りの花弁に
僕は唇を押し当て
ゼリーを呑み込むように吸引した

じゅりゅ

少女の花弁が唇の中に吸い込まれる
同時に僕の肉棒が
生暖かな少女の口内に呑み込まれる

「あはっ とけちゃうよぉ」

少女の花弁の中心に舌を差し込むと
少女の腰が浮く
目の前には少女の恥ずかしい菊門がヒクヒクとしている

じゅりゅじゅりゅじゅりゅ♪

少女は僕の肉棒の先端を激しく吸引しながら舌全体を絡ませ擦りつけてくる
同時にか細い指先で竿をぐいぐい震動させる

僕は枕元にあった電気マッサージ器を左手に取り
少女の肉まんじゅうに押し当てた
たまらず腰を振る少女
少女はなおさら無我夢中で僕の肉棒の先端をじゅりゅじゅりゅと激しく舐め続ける

1280×720 4Mbps ハイビジョンムービー
収録時間59分 1.75GB

【タグ】 美耶 沙紀 くすぐり コスプレ
商品番号 138085
ファイル名 sjd31.htm
お得なセット Guri☆Gura7BOX
GURI☆GURA5Pack
ファイルサイズ 1.94 kB
商品登録日 2011年5月16日月曜日
総閲覧数 2,696
※この商品の詳しい情報は、こちらのホームページで見ることができます。

※この商品のご購入には、次の規約/販売条件/使用条件等に同意する必要がございます。
同意する場合は『以上のすべての条件に同意の上、購入します。』にチェックを入れた後、「カートに入れる」ボタンを押して下さい。
本製品は高画質を追求したことによりGcolleの規定容量(300MB)を大きく上回っております
その為まずご購入時htmlファイルをGolleよりダウンロード頂きます
(商品ファイル名の拡張子がhtmで容量が低いのはこの為です)
ダウンロード頂きましたhtmlファイルのリンクより
ヒロイネットストレージサーバーから製品をダウンロード頂く方式を採用しております
直接商品本体をDL頂くより一手間おかけしますが容量制限にとらわれない高画質ムービーを是非お楽しみください
ダウンロードの際のサポート情報はダウンロードエリアに記載しておりますが個別にサポートが必要な場合は必ずメールにてお問い合わせ願います
>>アップロード会員に質問する<<では個別サポートは出来ませんでのご注意下さい
お気に入り商品に追加
IMAGE_BUTTON_FAVOTIRE_UPLOADER
 アップロード会員情報
アップロード会員名: Hiroinet
・ 会員詳細ページ&商品一覧
・ ホームページ
この商品に関する質問
この商品に関する回答済みの質問はまだ有りません。
お気に入り商品に追加
※要ログイン

このカテゴリーの商品
商品検索
キーワード
 
カテゴリー選択
ショッピングカート
カートは空です...
VISA/MASTER/楽天銀行
当サイトは、(株)CREDIXが提供するクレジットカード決済システムを導入しており、安心してお買い物いただけます。
※銀行振込も可能です。
(有料商品)月間DL数Rank
新着商品
Gcolleはアダルトコンテンツ専門のマーケットプレイス。売りたい方も買いたい方も、お気軽にどうぞ!

Copyright © 2011-2013 Zworks inc. All Rights Reserved.